2020-02

2020年2月定例会

最低賃金の引き上げ,小規模事業者への直接支援を 暮らしと商売を応援する施策の充実を図れ!

21日から始まった2月定例長崎市議会。会派代表質問に日本共産党市議団から大石ふみき議員が登壇し、暮らし優先の市政運営を強く求めました。代表質問での質疑を報告します。 ○定住人口対策 (大石)2年連続で人口転出超過1位。働く人の...
blog

生活困窮者が安心して医療にかかれるように 無料低額診療事業の院外処方に対する助成を

長崎民医連(長崎県民主医療機関連合会、平野友久会長)と(有)長崎健康企画(藤木郁子社長)が19日、「無料低額診療対象者の院外処方に対して薬代助成を求める要望書」を長崎市に提出し、日本共産党市議団も同席しました。 無料低額診療事業は、...
blog

市と地元企業の出資で自治体新電力を設立 エネルギーの地産地消が期待されます

長崎市は今月10日、市と民間7社の共同で自治体新電力会社「ながさきサステナエナジー」を設立しました。(記者発表資料は、こちらをご覧ください。 この新会社が、ゴミ焼却場の東工場での熱エネルギーやバイオマス発電、廃棄物処分場の三強クリー...
blog

学童保育利用料の減免対象が拡大へ 長崎市から新年度政策要求の回答を受けました

12日、日本共産党南部地区委員会と党市議団で提出していた長崎市への政策要求(126項目)の回答を受け取りました。 冒頭、田上富久市長から新年度予算編成の基本的な考えについて説明があり、若者に選ばれるまちづくりの観点から重点施策に取り...
タイトルとURLをコピーしました